w463a3

コニたん取り付けの際。。。















コニのレイド取り付けの際

注意する点が

①フロントエンジンルーム内の貫通ボルトの真ん中にシリコングリスを塗る。。。

ショックの穴の両脇も塗る。



②写真下の黒いキャップを外して24mmのナット取ると大きなワッシャーがあります。

1G状態でナット外して皿が外れない場合。たいてい、フロアジャッキで上げたままインパクトで

締め上げると精度の悪いワッシャーなので斜めに入ってしまい。ショック下部のねじ山に食い込み

最悪外れない事態になります。今まで何度も経験あります。ですのでワッシャーの内径をバリ取り&内径を

大きくする為に棒ヤスリで削ります。

僕達の周りの仲間は全員内径削って取り付けします。

タイヤ付いててバネが入っていればそのまま1G状態に落とし

ブッシュ、皿、ナット、キャップを閉める。大きなトルクのインパクトでやると問題おきるので

なるべく手でしめます。





e0260035_122168.jpg









リア

ショック上部は

キツイトルクでゴムブッシュが潰れる位で構いません。

問題は下の貫通ボルト部分。

ここもアホみたいなトルクで締め上げると

ショックの動きが悪くなります。

ボルトの真ん中のねじ山のナイ部分

ショックの両脇

車体側の受けの内側に

シリコングリスぬります。

ここも手締めのトルクで十分です。

業務用の容量のデカイコンプレッサーのインパクト使うと

ショックを挟む力が強すぎて

ショック動かなくなります。






e0260035_1255876.jpg










とにかく

1G状態で

締め付け作業する事を

お勧めします。
[PR]
by w463a3 | 2013-03-14 12:09 | Comments(0)